格安と言われるだけのことはあります

確かに安い

飛行機の値段って一昔前は国内旅行でも片道で五万円以上するなんていうことも当たり前でしたが、最近はどんどん安くなってきている傾向があるので有り難い限りかもしれません。

格安航空券というような存在もあることですし、たとえば関西から北海道に行くことになったとしても、時期によっては一万円以下とうことだって特に珍しいことではないと言えます。

あまりの安さに機体がボロボロなんじゃないのか・・・?なんて不安に思ってしまうこともあるかもしれませんが、むしろLCC等の方が新しい機材を使っているということも言えるでしょう。

そもそも何故ここまで安いのかということを考えていくと、同じ飛行機を一日のうちに使い回したり、空港に駐車する時間を減らしたりすることによってコストカットに努めているからです。

なので、一台壊れてしまうと当日のフライトの殆どがキャンセル。ということになってしまって航空会社的にも大損ということになるので、メンテナンスは抜かりがありません。

安すぎると不安思ってしまうのが人間心理ということになるのですが、過剰に不安になってしまうと損をしてしまうことにも繋がってしまうので、鷹揚な心を持つことにしてみましょう。

安さの代償とは

格安航空券を利用することによって飛行機の利用率はどんどん高まっていることになりますが、ある程度のリスクがあるということもきちんと把握しておきべきなのかもしれません。

たとえば1分でも遅刻してしまったら乗れなくなってしまいますし、振り替え便を用意してくれることもないので、お金が無駄になってしまうので万全の状態で空港に行くことにしましょう。

悪天候だと

台風が発生しやすい時期になると運行取りやめということになりますが、格安航空券だと払い戻しできたらラッキー程度の考え方になるのでアフターケアを期待できないので覚えておいてください。

関連する記事